三遊亭上楽披露パーティー

三遊亭上楽真打披露祝賀会、いよいよ開宴!

三遊亭上楽師匠は、ジョニーとあだ名されます。夜の帝王ジョニーです。

あるお客さんが上楽さんとお酒を朝まで飲んだあとに、

「じゃ私は次、行きますので」

てひとりで歌舞伎町の町へ消えて行ったそうです。こんな時間に開いている店ないだろうと思うのが、畜生のあさましさ。上楽師匠は何しろ何時でもキャバクラに行くのです。

さすが、ジョニー! 贈られてきた花もそれらしきお店から続々!

花花

上楽師匠の出迎え

上楽師匠が入り口でお客様を出迎えます。傍らにいる和服美人たちは向島の芸者さんだそうです。

向島の芸者さん上楽師匠のお出迎え

この芸者さんたちがきれいで、そんでもって面白いんです。後に登場する三遊亭花丸さんが、エレベータでこのお姉さまたちののうちのひとりと一緒になったそうです。ところが、花丸さんに気付かずお姉さまは、

「もう、なんでこんな雨の中パーティーなんかするのよ!! この着物高いんだから!!」

その日のお客さん全員の声を代弁していたかもしれません。

いよいよ三遊亭上楽祝賀会に潜入

丸一仙翁社中

丸一仙翁社中のお囃子がかかる中、続々とお客さんが入ってきます。会場内にはお約束の

三遊亭上楽後ろ幕「後ろ幕」やら

丸一仙翁社中「幟」やら

謎の傘「わけの分からない傘」やらが

いっそうパーティを華やかにしてくれます。

「あー落語家の真打披露パーティーに来たなー」

と感じさせるのです。

真打披露祝賀会その3へ続く→

サイトMENU

Copyright (C) 2007 台風20号上楽!真打・三遊亭上楽. All Rights Reserved.